# 画面をコピーしたい…プリントスクリーンとスニッピングツール

名前を付けてキャプチャー画像を保存したいとき,「自由な四角形領域」を取り込みたいときは,迷わずスニッピングツール。


初任研では教わらない,早く帰るためのTIPS !

プリントスクリーンとスニッピングツールの違い

もともと,Windowsにはと言うか,PC-AT互換機(すでに死語か…)にはプリントスクリーンなるキーが設置されていて,昔からその役割は同じなのだが,Windows が搭載されても画面をキャプチャーする機能として使用されている。

更に,Windows7には,スニッピングツール(SnippingTool)という便利なキャプチャーソフトが標準で付属している。

これらの違いは何だろうか?この二つのソフトが出来ることを比較してみたい。

プリントスクリーン
(1)PrtScキーを押すだけで全画面のキャプチャができる
(2)その時に表示(使用)しているウィンドウのキャプチャが出来る
  (altキー + PrtScキー)
(3)1.2. でキャプチャされた画像情報はクリップボードに保存される
(4)ワードやエクセルなどのオフィスソフトに貼り付ける場合は,そのまま貼り付ければよい。
(5)画像として保存する場合や画像の加工を行う場合は「ペイント」などを立ち上げて「貼り付け」後に名前を付けて保存を行う。

スニッピングツール
(1)まずスニッピングツールを起動しなければならない
  (タスクバーやスタート画面に登録しておくと良い)
(2)起動後は,新規作成ボタンを押すだけで,四角形の領域切り取りでキャプチャが出来る
(3)新規作成ボタンの前にモードを選ぶと,
  「自由形式の領域」「ウィンドウの領域(自由に選択ができる)」「全画面の領域」
  と幅広いキャプチャの方法が選べる。
(4)また,遅延時間を設定したり,キーボードショートカットの「ctrl + PrtSc」を使用すると,
  メニューを開いた時のキャプチャが出来る。
(5)キャプチャが終了すると,キャプチャした画像が表示され,そこで名前を付けての保存や
  簡単な加工などが出来る。

プリントスクリーン

(1)PrtScキーを押すだけで全画面のキャプチャができる

(2)その時に表示(使用)しているウィンドウのキャプチャが出来る
 (altキー + PrtScキー)

色んな窓(ウィンドウ)が開いているときに,alt + PrtSc を押すと
一番上の表示されているウィンドウ領域がキャプチャされます

(3)1.2. でキャプチャされた画像情報はクリップボードに保存される

(4)ワードやエクセルなどのオフィスソフトに貼り付ける場合は,そのまま貼り付ければよい。

(5)画像として保存する場合や画像の加工を行う場合は「ペイント」などを立ち上げて「貼り付け」後に名前を付けて保存を行う。

スニッピングツール

(1)まずスニッピングツールを起動しなければならない(タスクバーやスタート画面に登録しておくと良い)

(2)起動後は,新規作成ボタンを押すだけで,四角形の領域切り取りでキャプチャが出来る

(3)新規作成ボタンの前にモードを選ぶと,「自由形式の領域」「ウィンドウの領域(自由に選択ができる)」「全画面の領域」と幅広いキャプチャの方法が選べる。

(4)また,遅延時間を設定したり,キーボードショートカットの「ctrl + PrtSc」を使用すると,メニューを開いた時のキャプチャが出来る。

(5)キャプチャが終了すると,キャプチャした画像が表示され,そこで名前を付けての保存や簡単な加工などが出来る。

(6)他のワードやエクセルに張り込む場合は5)の画面で「編集」メニューからコピー(保存)をして,他のソフトで「貼り付け」を行う。

名前を付けてキャプチャー画像を保存したいとき,「自由な四角形領域」を取り込みたいときは,迷わずスニッピングツール

画像は保存しなくても良いから,ワード等で手早く「全画面或いは一つのウィンドウ領域」を取り込みたいならプリントスクリーン

が良いと思われる!

ただ,将来的にはSnippingTool自体は廃止方向らしいのだが,プリントスクリーンでは出来ないソフトのメニューを開いたところのキャプチャが出来たりするので,学校の業務でそういった機能が必要かどうかは若干疑問ではあるけれども説明してみたいと思う。