ファイル名を変えたい…セル編集したい…F2キー一発です!!!
こんな時どうしたら?(その他編)

「F2キー、そんなの普通に使ってますよ~」と言う方以外は、
一度記事をご覧になってみてください!

編集をしたいときには、F2キー!

ファンクションキー使ってますか?(生産性を上げるために…)

先生方の中には、エクセルが得意な人も苦手な人も、好きな人も嫌いな人も色々とおられると思いますが、成績表や指導要録などけっこうな作業量でうんざりという方は多数おられると思います。作業量が増えれば増えるほど、繰り返す手順が増えてきますので、ショートカットキーを覚えると、かなりの作業効率が見込めます。

ICT補助支援員の本来の仕事が、先生方からのQA対応(ヘルプデスク)…なのかどうかはさておき、先生方に色々と尋ねられて操作をお伝えするときに、自身が当たり前のように使っていた「キーボードショートカット」が案外知られていないことに驚きました。

色々と便利なキーをご紹介したいと思いますが、今回はかなり頻度の高い「F2キー」です。

編集(変更)したい時にはF2キー

Windows10のファイル操作でファイル名を変更したいとき

職員室の中のNASと言われる共有ファイル(サーバー)で、というか共有ファイルに限らずですが、ファイル名を変更することは多々あると思います。

それらのファイル名を変更するときに、マウスの右クリックで名前の変更を選んでという操作をしていませんか?

その時に、マウスでファイルを選択した瞬間に「F2キー」を押してみてください。即座に「ファイル名の編集」が出来るようになります!たかだか1手順減ったくらいのものですが、先ほどもお話したように繰り返す作業が多ければ多いほど、この1手順なくなることが効いてきます(笑)。

エクセルでセルの中身を編集(変更)をしたいとき

エクエルの操作をするときには、出来るだけマウスを使わずにキーボードだけで操作ができると、同じ作業の効が格段にあがります。成績の点数や要録の所見などを入力していて、入力したい次のセルにカーソルが移動していれば良いのですが、ワークシートによってはセルが下に行ったり右にいったりで、思ったように入力できないことも有るのではないでしょうか?だいたい普通はそこでマウスに持ち替えて入力したいセルをダブルクリックという操作なのだと思いますが、そんな時に矢印キーでセルを移動してF2キーを押してやる方が早いです。

大手の銀行や証券会社に就職した新入社員は、入社の1~3カ月くらいで、徹底的にマウスを使わないエクセルの操作を覚えさせられるそうです。教員の仕事にそこまではいらないのかもしれませんが、

「マウスを出来るだけ使わない」

という意識は、確実に4時以降の生産性を上げてくれると思います。

他でも使えるF2キー

WindowsOSの上で動くアプリケーションは基本な操作体系が統一されていて、アプリケーションが違っても似たような(同じ)機能の操作を同じキーで出来ることが多いです。WindowsOS(Windows10)の機能でキーボードで出来るものをウィンドウズキーボードショートカットといい、エクセルなどのOSの上で動くアプリケーションのキーボード操作をアプリケーションキーボードショートカットと言っていますが、だいたい

編集したい!って時は「F2キー」と覚えておいて間違いはないと思います。

ファイル名を変更したいとき、エクセルでセルの編集をしたい時、マウスを持つのではなくて
「F2キー」を覚えておけば、キーボードから手を放してマウスを操作するのではなく、直接キーボード編集が出来るようになります。(タッチパッドでの左クリック操作を考えたらF2キー一発の方が全然楽ですね)

業務を早く終わらせてご家族との時間をとりたい先生方、ぜひお試しくださいね。自分の人生にもF2キーが欲しいICT担当です。あF2キーじゃなくてctrl+Z(やり直し)ですね…(笑)。