#YouTube動画の授業使用(利用)について簡単にまとめてみた!

ICT担当が勤務していた学校では,職員室にはインターネット接続環境が有ったのですが,児童生徒がいる教室にはまだ接続環境がありませんでした。

そんな環境で,先生方は自らが購入されたWiFiルーターを利用したり,手持ちのスマートフォンなどで大型テレビにつないでインタネット上の動画などを子供たちに見せておられました。

そんな先生方から、よく依頼されたのは…

某先生

授業で使用(利用)したいからYouTubeの「●●」という動画をダウンロードして欲しいのですが!

ICT担当

ダウンロード・・・
  出来ない事はないのですが・・・

世の中には,「YouTube ダウンロード」で検索すると,ダウンロードする為のアプリだったり,別サイト経由でダウンロードを行えるようにしたサイトだったりが存在します。

これらを使うと案外簡単に「YouTubeコンテンツ」がダウンロード(複製)できてしまうのですが,はたしてそれは問題ないのでしょうか?

ちなみに、複製(コピー)のOK・NGに関わらず、違法にアップロードされた事を承知の上で利用することは著作権法違反になりますのでご注意ください!(違法にアップロードされたものとは著作権者の許可なく複製もしくはアップロードされたものです。違法性の判断がつきにくいのでご注意を…)

結論から言うと

結 論

「著作権法的には授業使用での複製は違法ではない…のだが,私企業であるYouTubeは利用規約で禁止をしている。」

という事です。

YouTubeが損害を受けたと思えば損害賠償の民事裁判になるのでしょうし,ダウンロードしたIPアドレスに該当する学校はIPが判明した場合,利用規約違反で利用制限を受けたとしても文句が言えないという事になります。(YouTube側がそこまですることは考えにくいですが…)

つまり,ダウンロードするのではなく,教室でインターネット接続して見せるのは問題ないけれども,職員室でダウンロード複製して教室で見せるのはNGということになります。

もう一つ,例えばYouTube以外の許可されたコンテンツ複製であっても、複数のクラスで共有するためにNASなどの共有フォルダーでライブラリー化するのは,著作権法にも引っかかる行為なので注意してください。

以下,根拠となる参照記事と出どころのサイトを示します。

一般社団法人 日本著作権教育研究会

一般社団法人 日本著作権教育研究会 

Q2-3.

インターネット上(教材用動画サイト、あるいは動画共有サイト(ユーチューブ))に、教材として使えそうな動画がありました。授業で使用し、可能であれば他の学級とも共有していきたいと思うのですが、授業で視聴することや、ダウンロードすることに問題はないでしょうか?

A2-3.

教材用動画サイトはその用法を守れば問題ありませんが、動画共有サイトは、注意が必要です。違法動画が含まれているかもしれません。

<教材用動画サイトの場合> 

サイトによって複製、配布、サーバへの蓄積等利用可能な範囲や利用方法等、コンテンツ利用に関する注意書きが書かれていますのでどんな使い方が出来るのか事前にチェックしておきましょう。

<動画共有サイトの場合> 

ユーチューブやニコニコ動画等の誰もが投稿出来る動画サイトは、著作権侵害の温床となっています。2009年の著作権法の一部を改正する法律で違法なインターネット配信による音楽・映像を違法と知りながら複製することを私的使用目的でも権利侵害とする改正(罰則なし)が行われました。(第三十条)こうしたサイトに公開されている映像が、確実に合法なものか違法なものか見分ける方法がありませんので、利用には十分ご注意ください。

また著作権法では、「校内 LAN サーバに蓄積すること」を禁じていますので、サーバを使っての他クラスとの共有には、権利者の許諾が必要です。

日本著作権教育研究会(一般社団)サイトからの引用
貼り付け元  <http://www.jcea.info/Q&A.html>


※日本著作権教育研究会(一般社団)様のサイト構成が変更されたようなので、リンクを修正しました(R2.3.25)

YouTube 規約

◆ YouTube 規約

本コンテンツは、「現状有姿」でお客様に提供されています。お客様は、本コンテンツに、本サービスの機能により意図されており本サービス条件により認められている限度で、参考目的での個人的な利用のためにのみアクセスすることができます。お客様は、「ダウンロード」または同様のリンクが本コンテンツについて本サービス上でYouTubeにより表示されている場合を除き、いかなる本コンテンツもダウンロードしてはなりません。お客様は、YouTubeまたは関連する本コンテンツのライセンサーからの事前の書面による同意なく、コピー、複製、送信可能化、出版、翻案、配布、放送、表示、販売、ライセンス付与又はその他一切の他の目的のために利用されてはなりません。YouTube及びそのライセンサーは、本コンテンツ内で並びに本コンテンツに対して明示的に付与されていない、一切の権利を留保します。

YouTube規約より引用
貼り付け元  <https://www.youtube.com/static?template=terms&hl=ja&gl=JP>


この投稿記事は,「コンテンツの複製使用」が許されるかどうかではなく,「YouTubeなどの動画共有サイトからのダウンロード」は許されるかどうかというお話です。

学校の授業だから何でもコピーが許される?

授業での著作物使用は基本的に許諾が必要ありません。
ただその利用にはいくつかの注意が必要です!

「#学校の授業だから何でもコピーが許される?」 

投稿掲載しました。

大事な児童生徒を逮捕者にしないために教えたい幾つかの事

著作権法や児童ポルノ法など、実際に中学生の逮捕者が出ている最近の事例をまとめました。

♯ 大事な児童生徒を逮捕者にしないための教えたい幾つかの事

小学校でプログラミング授業が始まりデジタル創作に関わる子供たちが増えてくるタイミングで、
子どもの逮捕者を出さないよう教えたいことがあります。

NHK番組の授業使用について

NHKは、番組を授業で積極的に活用することを推奨しているようです。
NHKの番組使用については、

こちらのページ (# NHK番組の授業使用について)

から積極活用を!